夢占い

夢占いについて

お正月に富士山や鷹、なすび等の夢を見ると縁起が良いと聞いた事が有る人は少なく無いでしょう。

 

人から人へ伝えられて平成の現代でも語られている初夢の縁起ですが、江戸時代には既にこの「富士山、鷹、なすび」等が良いと言っていたようです。

 

同じ様に「見た夢」から、その人の深層心理を浮き彫りにする「夢占い」と言う物が有ります。

 

見た夢から様々な事を診断すると言う事について、100年程前にオーストリアの精神医学者フロイトが著書を残していますが、フロイトが初めて夢について科学的な研究を行った人であり、これが西洋版の夢診断の原典です。

 

西洋の夢診断は、占いというよりは分析に近く、心の問題(トラウマ)等を解きほぐしカウンセリングするのに用いられて来ました。

 

対する夢占いでは、夢の中に登場した印象的なものをシンボルとして夢の中身をもとに、現在の心理状態を読み取ります。

 

更に未来に起こる出来事なども予測します。

 

夢の中で山を見て、それが富士山と思えば、それを富士山として扱います。

 

鷹を見ても鳥としか思わなかったら、それは鳥として扱います。

 

またシンボルに対して何か特別な印象を抱いていた場合は、通常とは異なる解釈が必要な場合もあります。

 

夢診断と夢占いは根本的に異なるものです。

 

例えば、フロイトによれば犬は友情の象徴ですが、夢占いでは犬の夢を見た人が、犬を怖いと思っている人であれば、その犬を狼と解釈して占ったりします。

 

貴方が最近見た夢はどんな夢でしたか?

 

その夢から、貴女の深層心理を占ってみませんか?