霊感・霊視

霊感・霊視占いについて

霊感・霊視占いとは、教義や法則、データ等に基いて占うのではなく、占い師が持つ「霊感」によって占う占い全般の事をさします。

 

霊感とは、五官を越えた超常的感覚で、見え難くなっている物事の真実や、人々の現在・未来・過去などを読み取る能力の事です。

 

占い師が占うには、「霊感」に寄るものと「霊視」に寄るものが有ります。

 

占い師の前に、ビジョンのみが展開されるのが「霊視」。

 

見たり、聞いたり、臭ったり、触ったりしたわけでもないのに、占い師の頭の中に直接それ等の感覚や情報が流れ込んで来るのが「霊感」です。

 

他にも、鑑定を依頼した人の背後等に居る別の方が、占い師に話し掛けて来るなどして、依頼者が必要としている情報や答えが解る場合があります。

 

また、直接対面しなくとも例えば写真や、声、大切にしている持ち物だけで占える場合があります。

 

声だけで占える占い師は、電話鑑定も受ける事が出来ます。

 

遠方で出向けない、体調が悪い、介護・看護をしているなどで対面鑑定に臨めない無い場合も、諦めずにまずは鑑定の可否について相談する事をお勧めします。

 

ただし、霊感・霊視の力は、他の人の目に見えるものでは無く、中には「見える」と装っている人も居ます。

 

予め、その占い師の鑑定に関する評判などを良く確認し、信頼出来ると感じた方に占って貰う事をお勧めします。