買取に関わる書類:鑑定書

買取に関わる書類:鑑定書

買取に関わる書類:鑑定書 翡翠は宝石の中でも希少価値が高いものとして今とても注目されています。しかし不要になった場合、貴金属や宝石のリサイクルショップや買取ショップで売却することが出来ます。ブランド品で翡翠が使われている場合にはその価値も付いてくる場合もあります。

できるだけ高く売りたいという場合には、鑑定書があると価値が高まりますので用意しておきましょう。鑑定書などの書類も付属で購入した場合には、取っておくといざ買取をしてもらう時に信頼されますし、その書類が無い時よりも高く買い取ってもらうことが出来ますので知識として持っておくと良いです。

翡翠は金やプラチナ、銀のように相場というものがきちんと決められているものではありませんので、価値を高めるためのポイントでもあります。指輪やネックレスなど、金も使われているデザインであればその金の値段も加味されることになります。また綺麗な状態であればもちろん高値になりますので、鑑定前にはできるだけ綺麗な状態にしておきましょう。

翡翠の買取には身分証明書など書類が必要です

翡翠の買取には身分証明書など書類が必要です 翡翠の買取は古物営業法の対象となるため厳格な本人確認を実施する必要がある事から、査定時には運転免許証やパスポートをはじめマイナンバーカードや住民基本台帳カードなど公的な身分証明書を提示したりコピーを提出する必要があります。各種健康保険証や年金手帳など写真のついてない身分証明書の場合は戸籍謄本の写しや公共料金の領収書などの書類を併せて提出する事が求められる場合があります。これらは一見面倒な手続きに感じる方も少なくありませんが、法に則った厳格な本人確認を実施する業者という事は遵法精神と高度なコンプライアンス意識を持っている証拠であり安心して申し込む事ができます。
また、その翡翠を購入時に付属していた専用の化粧箱や鑑定書がある場合は翡翠の価値を適切に判定してもらえる材料になるのと同時に、より高額な買取額となる可能性が高いため、お家にある場合は納得の査定を受けるためにも忘れずに提出したいところです。