翡翠の情報が満載!

未成年は買取してもらえるのか

未成年は買取してもらえるのか 翡翠を持ち込んでも未成年では買取してもらえないケースがあります。
本人の所有物ならまだ良いですが、例えば保護者の持ち物を勝手に売買してしまう恐れもあるため、翡翠の買取は厳しく規制されています。
古物営業法や青少年保護育成条例によって規制されており、同意を確認せずに買い取ってしまえば取引解除となりお店側にはリスクしかありません。
自治体で規制されている場合もありますので、未成年あるいは18歳未満では断られることが通常です。
ただ買い取ってもらえるケースもあります。
18歳未満の場合は同意書の有無に関わらず受け付けていませんので、この場合には本人の名義では売れません。
18歳あるいは19歳の場合は、保護者が同伴することが前提ですがもし同伴できず自分だけで行く場合には同意書や委任状が必要です。
この書類に関しては自宅であらかじめ自署してもらう必要がありますので、どのような書類が必要か確認しておくと二度手間になりません。

未成年による翡翠の買取依頼の場合はどうするか

未成年による翡翠の買取依頼の場合はどうするか 一般的に買取ショップに持って行くと、未成年の場合には保護者の許可が必要となることがあります。
翡翠を未成年が売るには同様に保護者の許可を求められることが多く、その書式などは各買い取りショップそれぞれで異なりますので確認が必要です。
電話で確認が取れれば良いというところも有れば、書式に合わせたサインを持参すればよいというところもあります。
それぞれのショップによって異なりますし、場合によっては保護者同伴でなければ買い取りをしてくれない場合もありますのでまずは確認をしてみましょう。
翡翠はいまとても人気があるパワーストーンとして注目されています。
希少価値の高い宝石ですし、できるだけ高値での買取を希望するのであれば、証明書や鑑定書、またケースなどの付属品はきちんととっておき持参をすると良いです。
見た目が綺麗というのも高い価格になる可能性もアップしますので、鑑定をしてもらう前にはきれいにして持って行くようにします。