インド占星術

インド占星術について

インド占星術は、インド伝来の占星術のことで、インドだけでなく、ネパールやチベットなど周辺の地域でも行われている星占いの事です。

 

もともと、西洋の占星術が太陽の通り道「黄道」の星を基準にするのに対して、インド占星術は、月の通り道「白道」に着目した占星術でした。

 

そこへ、ヘレニズム時代にギリシアから太陽と月、5惑星と九曜、十二宮と十二室に基づくホロスコープ方式の占星術が伝わり、現在の白道二十七宿と黄道十二宮を併用した形になったとされています。

 

またこのインド占星術が仏教に取り入れられ、簡略化されて仏教化し「宿曜経」にまとめられ、密教の一部として中国に伝えられ、それが更に空海の手に寄って、平安時代に日本にも伝えられて宿曜道として広まったのです。

 

飛行機も汽車もない時代に、遠い異国の地で生まれた星占いが、沢山の人の手を介して日本にも伝わり、それが3000年程の時を経て尚、生きた文化として現代にも存在するのですから、それだけ人間は占いに依存して来たと言えるでしょう。