星気学占星術

星気学占星術について

九星気学とは、生れた年月日の九星と干支、五行を組合わせた占術です。

 

九星はある決まった法則で各方位を巡回するとされているので、生年月日によって定まる九星と十二支との関係で各方位の吉凶を占います。

 

つまり、方位の吉凶を知るために使われることが多い占いで、家を建てるとか言う時に人気の占いです。

 

九星気学には、九星術を元に明治42年に園田真次郎が気学としてまとめたものと、それ以前の九星術があり、それらの総称が九星気学です。

 

因みに九星とその意味は次の通り。

 

一白水星〔水〕すべての生命を育(はぐく)む力

 

二黒土星〔大地〕(どっしり)支える

 

三碧木星〔雷〕直感力

 

四緑木星〔風〕伝達力

 

五黄土星〔地震〕帝王

 

六白金星〔宇宙〕

 

七赤金星〔湖〕

 

八白土星〔山〕

 

九紫火星〔火〕美しさ。

 

九星気学で定めている方位との関係は次の通りです。

 

・暗剣殺(あんけんさつ)、その年の五黄土星のある方位の反対側の方位。

 

(五黄土星の年(五黄土星が中央にあるとき)には存在しない。)

 

・五黄殺(ごおうさつ)、その年の五黄土星のある方位。

 

・本命殺(ほんめいさつ)、その年にその人の本命星のある方位。
(その年がその人の本命星のとき(本命星が中央にあるとき)には存在しない。)

 

・本命的殺(ほんめいてきさつ)、その年にその人の本命星のある方位の反対側の方位。

 

・歳破(さいは)、その年の十二支の反対側の方位。

 

・月破(げっぱ)、その月の十二支の反対側の方位。

 

・小児殺(しょうにさつ)、小月建ともいい、子供の健康に影響のあるとされる方位。

 

その年の十二支とその月により方位が定まります。