翡翠の情報が満載!

翡翠の買取に必要なもの

翡翠の買取に必要なもの 中国などの中古宝石市場で大きな需要が見込めることから、自宅に眠っている翡翠を高く売ろうとする人が増えています。
特に価値の高いジェダイトなら高額で売れる可能性が高いですが、宝石を売る場合にはどんなものが必要なのでしょうか。
売りたい翡翠そのもの以外だと、保証書や付属品などはできるだけ持って行った方が査定額がアップしやすいです。
でも、どうしても紛失してしまった見つからない場合は翡翠本体だけでも構いません。
その宝石が本当にその人の持ち物なのか、安全に取引するために買取業者は本人確認書類の提示を求めます。
特別に取り寄せる書類などは一切いりません。
運転免許証だけで充分です。
免許を持っていない人は健康保険証やパスポート、住民基本台帳カードに個人番号カードでも事足ります。
これらのうち、必要なものは一つだけです。
18歳や19歳の人は、これらの他に委任状や同意書がないと買い取ることができないので注意しましょう。

翡翠を買取に出す際に必要なものとはどのようなものか

翡翠を買取に出す際に必要なものとはどのようなものか 翡翠も宝石の一種ですので、ルビーやダイヤモンド、金やプラチナなどのように宝石買取店で買い取ってもらえます。
この時に必要なものですが、鑑定してもらいたい翡翠と本人確認書類です。
本人確認書類としては、健康保険証や運転免許証などが有効であり、これらのいずれかを用意しておけば良いです。
翡翠に付属していた鑑定証や化粧箱もあった方が良く、商品によっては化粧箱の付属品が無ければ、減額の対象になってしまう事があります。
減額の対象にならないように、鑑定証や化粧箱も付けて鑑定をしてもらうようにします。
また、鑑別証がありますと、よりスムーズに手続きが行えるようになります。
持参する本人確認書類は顔写真付きの証明書が望ましく、その方が店側も買取を申し込んでいるのが翡翠の持ち主であるのかどうかを確認し易くなります。
店頭やオンラインでの受け付けを行っていますので、いずれの方法を利用しても本人確認書類と鑑定証、鑑別書はあった方が良いです。